株式会社設立更新歴    2017年8月5日   ご連絡先 03-3556-8114

 

........

税理士事務所 求人募集

 

MS法人設立のメリット・デメリット

MS法人設立はメリットばかりではありません。
デメリットも考慮し、設立・運営をしていかないといけません。

当事務所では、会社設立だけでなく税理士ならではのアドバイスも出来ます。

メリット

@医療に専念できる

院長先生が医院の雑務全般に目を通ししていたのでは、患者に対する医療に専念できないことがあります。

そんな時に、スタッフ(院長先生の夫人・親族等)が、MS法人の代表を勤め医療とその他の業務を分離することにより、院長先生は医療に専念できます。

また、その分離により経営の効率化、業績アップも期待できます。


A高額所得の分散による超過累進税率回避

税金の元となる税率は、所得が高いほど税率もアップします。
(これを超過累進税率と呼びます。)

節税のためには、この高額所得を分散する必要があります。

MS法人を1つ作ることにより、この高額所得は医院からMS法人へ流れ、税率も低い税率が適用され節税となります。


B相続対策

MS法人設立により、院長先生1人に集中していた所得(財産)が、生前に親族へ分散されることにより相続税の高額納税を回避することが出来ます。

 

デメリット

@経費が多少増える

医院の経営以外に、MS法人の運営が1つ増えるため、そのことによる帳簿作成・決算確定申告・事務費用その他の諸経費が増えます。

しかし、その分は長い目で見ると節税により回収できます。


AMS法人に実体を持たせる必要あり

MS法人で問題となるところで、院長先生がMS法人の運営活動をしてしまったりすると、実態がないことになり税務調査等で否認されることがあります。

このようなことがないように、人の帰属をはっきりさせたり、契約書・請求書等を
区分管理をする必要があります。

重要なことは、MS法人は親族が運営するかと思いますが、親族と見ずに他人が運営していると見て、適正な取引価格設定・人の帰属をさせることです。

 

 

 

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き