株式会社設立更新歴    2017年8月5日   ご連絡先 03-3556-8114

 

........

税理士事務所 求人募集

 

決算事業年度を自由に決めることが出来る


内容

個人事業は、決算終了日が12月31日と強制的に決められ、3月15日までに所得税の確定申告・納税をしないといけません。

また、消費税の申告納税は3月31日です。

これも、強制的です。

このように一律に取り決められていると、不都合がある個人事業の方もいるのではないでしょうか?

例えば、業種的に2月・3月が忙しく確定申告のため帳簿の整理や取りまとめが出来ない・やっている時間がないという方も多いかと思います。

しかし、株式会社はこのように強制的な決算終了事業年度はありません。

自由に決算事業年度を決めることが出来ます。

3月決算でもよいですし、8月決算でもよいです。

 

特殊な事業年度

会社組織にすると、事業年度を自由に取決めができるといいましたが、通常は、決算事業年度は終了月から2ヵ月後が、会社の事業が忙しくない時期がよいと思います。

どうしても、決算月から2ヵ月後に、法人税・消費税等の申告納税があるからです。

変わった決算事業年度では次のようなものがあります。


月末でなく、15日や20日を決算終了日とするケース

例えば5月20日を決算終了日とすることもできます。

これは、売上や仕入れの請求締め日の関係で、請求金額が集計しやすいことを考え20日としたケースです。

 

 

 

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き